FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004年の総括

20041030014140s.jpg
 写真を始めてはや6ヶ月が経とうとしてます。このサイトに至ってはまだ3ヶ月。でも作品はほぼ毎日POSTしているので、だんだんと数がまとまってきました。そこで、今日は、半年の総まとめとして、自分が写真でやった事、目指した事を散文的に書いていきたいと思います。突っ込み大歓迎ですので、これを読んで感じる事があったら、どうぞ足跡を残していってください。明日からはまたいつもの作品POSTになりますので、写真をあてにして訪問してくださった方には申し訳ないですが、今ひとつお付き合いを。

この世は面白さであふれている。

 もともと自分が写真を始めたのは、普段ある日常の自分の目線で非日常を感じる事が多々あったからなんです。唐突に降る雨の色、ちょっとした時に満員電車で合う目線、喫茶店で見る妙な会話をしている人たちの姿、日常なはずなのにもかかわらず、でもどこかコミカルな、非日常的な要素がこの世にはあふれてるという事に気がつき始め、それを何かの形で表現できないかと思い立ったのが写真を撮るきっかけでした。実際街をあるいていると、普段意外に見落としている「非日常」があふれており、これをどうやってか、共感できるような形にしたかったのがこのサイトを立ち上げた一番の目的でもあるのです。
 このサイトをひいきにしてくれている方ならもう気が付かれているかと思いますが、まだ自分の写真には風景とかが多く、また特殊な場所での撮影というさながら「場所によって撮られた写真」というのが自分の手持ちの作品の大半を占めていました。最初のうちは「あぁ奇抜な写真がとれたな、しめしめ」的な自己満足で帰結していたのですが、正直最近はこういう「狙った奇抜」からの脱却を図らないといけない・・・そんな事を考えてます。

人物撮影の難しさ

 もともと人見知りをする自分ですが、そんな自分が「見ず知らずの赤の他人」の姿をとるという行為に至るまでには、相当の「壁」がありました。今でも正直、人を撮る時は極度の緊張が走ります。が、この挑戦に後押ししてくれた人がこの世の中に3人いらっしゃいます。 このお三方には皆、会話の最初に同じ質問を投げかけています。それは「人を撮るのは怖くないですか?」という問いです。面白いことに、誰しも例外なくこう答えてます。「はい」と。
 一人目はさかさん。この世界に入りだした時に偶然にもインターネットで知り合った写真家です。この人には「兎に角撮らなくちゃ」という押しを教えていただきました。二人目は竹内さん。職探しで新宿のLSビルへ行き、たまたまこの方の写真展を拝見する機会があった時に出会えた方です。この方のコンゴの子供たちの写真を見て、また撮影の時の後日談等を伺い、人物撮影に「いかに真摯で向かうか」という態度を学びました。彼はプロジェクトを完遂させるのに、数ヶ月という長い生活を被写体と過ごしたそうです。三人目は坂田栄一郎先生。東京写真美術館の先生の個展を見学していたときに、本当に寸隙を付いてお話を伺うことができ、この時には「いい物を撮りたいという信念」がいい写真に結びつくのだという事を、また「誠意を持ってファインダーに向かう」事を学びました。なによりも先生は自分の目をみてにこやかに「君ならできるよ」と言ってくれた事が、おそらく自分が今写真をとるモチベーションの大よそを形成しているのは間違えがないと思います。写真という事象から見える他人、それに如何に接していくか。そういう事を真摯に受け止めると同時に、この質問を繰り返しているうちに、人物撮影とは、いや良い人物写真を撮る写真家はみなどことなく優しく、人が好きであるのだという事を感じざるを得なかったです。

偶発を収めるための道具

 自分は今、あるコンパクトデジタルカメラひとつですべての作品を作ってます。このカメラは優秀で、相当変な事をしてもかなり融通を利かせてくれます。特に露光調整に関しては、カメラ素人な私の無茶を程よくこなしてくれます。が、やはり不満もあります。それは起動時間でシャッターチャンスを失っているケースが多々あるという事なのです。先日さかさんと一緒に街を撮影していたのですが、もう圧倒的にさかさんのマニュアル機の方が、いざという時にちゃんと獲物をしとめているのです。このタイムラグは如何ともしがたいのですが、これをうまく埋めるべく技術を向上していかせなければならない、そんな事を思ってこれを来年の抱負のひとつとしたいと思ってます。

・・・とまぁ、色々と書きましたが、まだまだ勉強しなければならない事がたくさんあるわけで、やっぱり普段からちゃんとカメラを持って街に繰り出す今の作業は今後もちゃんと続けていこうかなと思っております。

それではまた来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

Big tree

20041230035120.jpg

 カルフォルニアはNapa Valleyに遊びに行ったときに見た、木の化石がたんまりあった場所での大木。こういう角度で木が見えたので、それをそのままシャッターに収める。
 実物は、それはもう優雅に直立してたのだが、この迫力をなかなか伝えられないのは、まだまだ自分に撮影のスキルが足りないのだと猛省。

彎曲の世界

20041229022714.jpg

 魚眼レンズでも絶対撮れない、物凄くいびつに彎曲したビル。このBlogをひいきにしている方はご存知の通り、僕の使っているカメラは3倍ズームしかない普通の市販されているデジタルスナップカメラなのだが、それでもこんな変な風景も撮れるという一枚。
 これ実はハッチバック車のリアウィンドウに写っているビルだったりする。こういう発見は毎度だが、いつも楽しい。

冬道

20041227232616.jpg

 東京もますます寒くなってきて、日が傾く事激しいのだが、この写真もまたそんな「東京の冬」の一こま。先日さかさんとご一緒してふらふら歩いていたときに、通り過ぎる人々が綺麗な影を落としていっていたので、ぱちゃりと一枚。
 おいらはこの影の伸び方で、凄く冬を感じるのです。

往来

20041227005748.jpg

20041227005805.jpg

 実験写真で、前々から撮りたかった定点写真の連続。完全な定点でないのは、一脚で撮影して、しかも警備員を恐れながらの為。
 人が居る写真と居ない写真を交互にみて、居ない写真に人が居る雰囲気が残れば、成功です。(w こういう解説を書いちゃうと、負けなのだけど、とりあえずこの画を読み解く模範回答として。あとはご想像にお任せします。

The cross

20041226015405.jpg

 いつだか覚えてないのだが、ハイウェー沿いで見た、異様な十字架。周りには何もなくて、これだけがしっかりと立っていた。凄く不気味ではあったのだが、シャッターを切る事をやめる事が出来なかったひとつ。
 写真としてはこれっぽっちも面白くないのだが、なぜだか別な意味で惹かれてしまった一枚。

Snow Site

20041225033312.jpg

 ヨセミテ国立公園でみた、物凄く幻想的な世界。実はこれ、雪でもなんでもなくて、石灰分が堆積してできた温泉のような場所。この日は凄く天気が悪く、小雨が降って視界もひどい状態だったのだが、どうしてもこの場所の写真がとりたくて、時々訪れる風の一吹きを小一時間ばかり待ち、霧が風で動いた瞬間を捉えたもの。
 このときばかりは、普段の気軽さが無く、もう延々と降る小雨の中でシャッターを切れる瞬間を待つという凄く忍耐の要る作業だったりした。 たまにはこういう努力も必要なのかと・・・(泣

都会の木

20041224001611.jpg

 ユリカモメから日の出桟橋あたりで見かけた船のマスト部分を電飾した物。ちょうど車内ガラスが曇ったのがいい効果を与えて、このような写真になる。
 さながらクリスマスツリーのようであり、でも「木」そのものではないのが、自分にとって面白かったのでシャッターを切る。

 来訪していただいた方へ。
 一日早い黒星からのメリークリスマスです。

Crane

20041223002339.jpg

 昨日の写真と同じ場所、だが上空の写真。クレーンが並び、その横をフェンスが囲っている。不思議と何も無い空がキャンパスのようで、人工物がそれに直線を引くような形となったので、 フェンス越しの有刺鉄線をクレーンと並ぶような感じにするように、そそくさと場所取りをしてなんとなくだがシャッターを切った。
 この時、自分がかなり危なっかしい場所に立っていたのは、このあと数秒後に片足を穴に突っ込むまで気が付かなかったのは内緒である。

In the cage or from out of cage?

20041221234940.jpg

 サンフランシスコはダウンタウンでふらついていたときに、たまたま工事中の網越しから、さらにその先にある檻の中に居る猫の看板を見つけてそのまま写真に収めた。
 檻にいるのは、猫なのか、自分なのか。ちょっとした錯覚の感覚が面白くてシャッターを切る。

街路樹

20041221010346.jpg

 日が短く、低くなった冬の街路樹の影。この日は日向は暖かいが、ビルの陰とかに隠れるとガクガクするほど寒かった。道は結構往来の激しいさる通りなのだが、信号で往来がなくなった瞬間を狙い撃ち。

Propeller

20041219232952.jpg

 昨日と同じく、キャッスル航空博物館での写真。貨物機らしいのだが、プロペラ機でプロペラが回転している位置ということを示している赤線が面白かったのでシャッターを切った。プロペラ本体を写さないように(でも影でその存在を出すように)、色々と気を使った一枚でもある。(笑)
 後に人に大辻清司先生の写真を薦められたので色々と見学していたら、偶然にも同じような構図をしていた写真を発見。そんな意味で氏に一歩でも近づけたかと(程よく勘違い中)、ちょっと嬉しかった一枚。恐らく先生のそれはもっと深い読みがあったに違いない。おいらのは物珍しさだけでシャッターを切ってるが。(照)

The decoration of dishonor

20041218233535.jpg

 サンフランシスコに向かっている最中にみた、キャッスル航空博物館でお目見えしたB-29爆撃機。ご存知の方もいるかとおもうが、同型の飛行機が東京の大空襲や、長崎や広島に原爆を落としたという負の遺産を背負っている。写真のマーキングはどうやら朝鮮戦争時の物らしいのだが、見ていて気持ちのいいものではなかった。
 戦争っていう名の「負」に対するアンチテーゼという事でシャッターを切った。故に「不名誉の勲章」というタイトルを冠す。

古今東西

20041217003134.jpg

 先日皇居周辺をふらついていたときに皇居側から東京方面に向かったときに見えた風景。皇居っていうのは、凄く異様で、大都会にぽっかりタイムスリップした様な場所だったりする。面白いので、一部分だけをクローズアップしてシャッターを切った。

The house in heaven

20041215235922.jpg

 ユタ州はシダーブレイクという場所でうろうろしてた時に見つけたほったて小屋。周りに人気がまったく無かった所で、道なき道をひたすら車で突き進んで行った所に、これがぽつねんとあった。
 この道、舗装路でなかったので、行くときはパンク覚悟。しかも人気がないから2本やられれば終わる場所だったのだが、苦労はむくわれたみたいだ。

20041214231439.jpg

 今日、この世界の師匠である写真家さかさんと一緒にぶらついていたときに、ふとさかさんが止まって撮り出した鳩の群れ。都会の鳩らしく、餌に群れて人を恐れないその様はまさに「萎えた野生」そのもの。なもんで、思い切ってカメラを近づけて適当にパチりとしたときの一枚。中央を境目に、鳩の頭がなぜか左右にばっちり分かれているのがなかなか間が抜けてて面白かった。

Reserved seat

20041214024844.jpg

 ソルトレークはコンベンションセンターの中へ見学しに行った時の写真。よく見ると、一つだけ「虹色」になっている椅子があるのが分かると思う。ここだけ天窓から光を受けて、まるで「予約席(Reserved seat)」のようにポツねんとしてた。
 誰が座るとも想像のつかないこの椅子、妙に気になってシャッターを下ろす。

Aim at my heart

20041213003310.jpg

 ヨセミテ国立公園の帰り道に、ちょっと脇に車を止めて休憩していたときの写真。夕暮れが自分の影を斜めに長く映し出し、ちょうど道の中にある罰点印と交差したのを見逃さず。ちょうど「心に照準を当てられた」状態になったので、シャッターを切る。
 自分で自分を撃ちぬくみたいで、ちょっと変な気分だった。

また日は昇る。

20041212012103.jpg

 苦しい事があっても、悲しい事があっても、すべては大きな流れの小さな「波紋」くらいに過ぎない。そう、小さな事にくよくよしないで。自分の足でちゃんと地べたを踏みしめそして空を見上げてみよう。その空には何時もと同じようにまた日が昇る登っているのだから。

 今自分は悲しいと思っているすべての人へ、この写真捧げます。

橙影

20041211141005.jpg

 南新宿を歩いていた際に、壁に映るステンドグラスもどきに眼を奪われてしまった。これはその時の写真。ちょっと夕日がかったそれに映える橙の色は、やさしくて、そして寒い東京の夕暮れに少しばかりの暖を与えるのでした。

Mountain Top

20041210013540.jpg

ユタ州はザイオンをふらついたときに、撮った朝日。ちょうど角度が微妙で、上手い事頂上と日の光が重なるように、足でその場所を確保した写真。
 タイトルを見てぴんと来た方は正解。某Vowwowの曲のタイトルでもありますな。人見元基様は今いずこへ。(違うだろ

足踏み

20041208221357.jpg

 初台は東京オペラシティビルで、人を待っている間に見つけた風景。銅像がホールのど真ん中にどでーんと起立していたのだが、おもむろに股下からの目線が面白い事に気がつき、しゃがみこんで何枚か撮影する。
 実はこの直後に警備員の人に注意され、しぶしぶ撮影許可を取りにオフィスまで行く羽目になるとは、これを撮影している時点では思いもしなかった。建物を撮るときって結構大変なのね。

The castle in the water.

20041207221544.jpg

ソルトレークはチャーチサークルの中の池を眺めてたときに見つけてしまった、水面に写る「幻のお城」。みんな誰も気がつかなかったようで、独り「うひひ」状態で写真を撮っていた。 その姿が異様で、何人かに声を掛けられたが、「なんでもないよー(Nothing!)」とニヤつきながらその場を去る。(あぁ、根性悪ぅー。)
 ふふふ、こういう発見はいつも楽しい。

闇の塔

20041207000517.jpg

 上池袋近辺で、たくさんのビルに囲まれながらも、その合間にぽつねんと聳え立つ煙突。高速道路や高層ビルにまけず、その存在感は威圧的で、さしずめ都会の墓標に見えた。 なんとなく、「お化け煙突」の昔話に思いを馳せつつ。

The light from clouded sky. (Too good day to die.)

20041206005259.jpg

ここ2,3日、忙しい日が続き、更新が遅れたが、実は先日、北陸は福井県に遊びに行ってきた。この写真はそのときに、東尋坊にて見た景色。厳しい寒さに垣間見る光が、何かしら、神々しさを放ってたので、雨の中シャッターを切る。

cactus head up

20041201032855.jpg

 ユタ州はザイオン国立公園にて、車が出入りできない(とはいうものの、シャトルバスは行き交いしている)場所で、徒歩で散策しているときに見つけたサボテン。凄く生き生きと、夏の太陽に向かって伸びているその姿は、擬似的な人格を感じさせずには居られない。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。