FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空き地

park.jpg

 吉祥寺あたりをふらついていたときにみた、妙に雰囲気のあるスペース。取り立てて何かを見せたいわけでもなかったのだが、シャッターを切ってしまった。
 最近思う、こういう風景も見たときの感覚をウマく伝えられればと。
スポンサーサイト

囲い

building.jpg

 品川某所で見る、ビルの中のビルの眺め。実は先日某人のサイトにまったく似た構図の同一の場所の写真が掲載されて、驚いたのだが、「あぁ、やっぱり似たような視線っていうのはあるんだなぁ」と感じた一枚。

闇夜の月

darkmoon.jpg

 某有名放送局の真上に、ぽっかりと浮かぶ月。その建物の中心はやはり円形なので、いい対象になるかなと思ってシャッターを切ったのだが、月は思いのほかちいさく。(しょんぼり

わが手の内の地球

grove.jpg

 これもデザフェスでみた、半球儀を風船で浮かして、それを紐で操っているおにーさんの図。その半球儀の妙に面白い出来と、それを浮かばせている彼の相対関係が琴腺に触れ、そのままシャッターを切る。

バケツ乱舞

backet.jpg

 デザフェスでみた、マスク集団。ごみバケツを乱打して、音楽を奏で、さらには喜劇までやってしまう謎のひとたち。あまりにも」カッコイイ(カタカナなのがポイント)」ので写真に収めてみたりする。

一打入魂 その2

ichida2.jpg


 昨日に続き、こんどは皮細工のおねーさん職人。この方もものすごく真摯な目つきで自分の仕事に向いていた。非常に印象深かったお人。残念ながら室内で帽子をかぶられてたために、顔色が悪くなってしまったのだが、レフを持参しなかった自分も悪いので、ちょっとあきらめ。でもよい目つきが撮れたのにはひたすら被写の方へ感謝するばかりだったりする。

一打入魂

ichida1.jpg


デザフェスで見かけた銀細工をする職人さん。実は前回のデザフェスでもお目にかかったのだが、今回はちゃんと挨拶をして撮影させてもらった。前回の創疵人の方と同様、打ち込むまなざしは真剣そのもの。
 撮影のご協力ありがとうございました。

明日はデザフェス!

 明日は、デザフェスでございます!
 いつもいい被写がいっぱいで、とっても勉強になるこのフェスティバル、また今回も一般客として参加します!前回でいろいろお世話になった被写体のかたがたにも、挨拶に回る予定ですので、ひとつよろしくおねがいします。

 でわ、皆さん会場で!

古きを映す鏡

yabu.jpg

 実家近くの某有名そばや。そして、その隣には、非常にモダンな建物が、その姿を映している。
 新旧が織り交ざった不思議な空間。そしてシャッターを切る。

夕闇の立脚

sunset.jpg

 これもひさぎさんと吉祥寺をぶらぶらしていたときに見つけた建設現場の一コマ。夕闇が綺麗にグラデーションがかかり、その美しさに一枚シャッターを切る。
 この後、おいしいラーメンを食べるも、この写真の出来が、実は頭の中にちょっとよぎってたりした、気になる一枚だった。

シネマ

cinema.jpg

 お台場でひさぎさんと深夜に映画を見に行ったときの、劇場入り口の風景。なにやら明るいところに微妙に集まる人たちがなんとなく興味そそったので、この写真を撮る。

椅子

cheirs.jpg

 品川あたりをのほさんと歩いていたときに見つけた、ぽつねんとした椅子。実は周りにも同じような椅子があったのだが、フレームから一切のそれをはずしてみた。
 都会のそれは、どこか寂しげだったりする。

door.jpg

 先日に引き続き、ひさぎさんと吉祥寺をぶらぶらしていたときに、紹介してもらった喫茶店の入り口。重厚な鉄扉で、それがかもす雰囲気は、さながら時間軸を無視したような、不思議な空間だった。主室にシャッターを切ってしまう。
 ノスタルジーという言葉が脳裏をよぎる。どこかで見たような、でも今までに見たことのない風景。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。